「戸開走行保護装置の設置促進 / 建設工業新聞

 国土交通省は6日、エレベーターの扉が開いたままかごが動くのを防ぐ「戸開走行保護装置」の設置促進を周知するよう求める通達を都道府県・政令市やエレベーターの業界団体などに出した。金沢市のホテルのエレベーターで起きた従業員の死亡事故を受けた措置で、戸開走行保護装置の設置促進とともに、同装置の設置が利用者に分かるようマークを表示するなどの対策も加速させる考えだ。
                    
 国交省は、06年6月に東京都港区のマンションのエレベーターで起きた高校生の死亡事故を踏まえ、新設エレベーターについては、09年9月に扉が開いた状態では稼働しないよう、戸開走行を検知してかごの動きを停止する安全装置(戸開走行保護装置)の設置を義務付けた。ただ、既設エレベーターへの安全装置の設置については、コスト高などを理由に、建て替えの機会に新たな規制に合わせたエレベーターに更新することを認めている。
                      
 国交省によると、全国の既設エレベーターの数は約70万台で、今回の通達によって既設エレベーターへの安全装置の設置促進も図る。一方で安全装置を設置したエレベーター表示制度の取り組みを加速。利用者に危険を周知するとともに、安全装置を設置していないエレベーターの数や管理企業の把握につなげる。
                         
 羽田雄一郎国交相が6日の閣議後の記者会見で「今後の捜査状況を踏まえ、点検項目や方法を明らかにし、都道府県を通じてできるだけ速やかにすべての(事故を起こした)シンドラー社製エレベーターを緊急点検する」と述べた。国交省によると、同社製エレベーターは全国に約5500基ある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪府行政書士会 旭東支部所属 (大阪市都島区・鶴見区・城東区・旭区)            東洋法務総合事務所の B l o gへようこそ。

当事務所は大阪府大阪市城東区にある行政書士事務所です。            建設業許可に関する全般(新規・更新申請・経営事項審査・入札参加資格審査・業種追加・決算変更届など)・産業廃棄物収集運搬業許可や電子定款認証に対応した法人・会社設立を専門に取扱う行政書士事務所です。補助金や助成金または決算などについても他士業(弁護士、弁理士、司法書士、税理士、社労士、土地家屋調査士など他多数)と提携していますので連携してサポートすることが可能でワンストップサービスの実現を目標に日々励んでおります。

ホームページに戻る                                      → 行政書士 大阪 東洋法務総合事務所   こちらをクリックしてください。

大阪府行政書士会会員 建設業許可の全般、法人(会社)設立の専門 行政書士 東洋法務総合事務所は大阪市城東区にある行政書士事務所です。 行政書士 東洋法務総合事務所のトップページに戻る
〒536-0006 大阪府大阪市城東区野江2丁目3番4号

TEL.06-6786-0008 FAX.06-6955-8923                                                                                                   お電話でのお問合せ受付時間 / 平日9:00~18:00                                 (土日祝は、原則として休業させていただいております)