アキュラホーム建基法違反 / 日経BP

国土交通省は6月5日、アキュラホーム(東京都新宿区)が施工した名古屋市内の準耐火建物の木造住宅1件に、準耐火構造の仕様との不適合による建築基準法違反が判明したと発表した。間仕切り壁と軒裏については大臣認定仕様と、床については告示仕様と適合しない施工になっていた。国交省は、他にも同社施工の準耐火建物383件に同様の不適合が生じている疑いがあるとして、関係する特定行政庁に調査を依頼、同社には違反が判明した建物の是正などを指示した。

 アキュラホームの名古屋市内の住宅で明らかになった不適合施工の具体的な内容は、国交省によると以下の通りだ。

間仕切り壁の施工の大臣認定仕様違反

 間仕切り壁の不適合は以下の4項目だ。(1)石こうボードを長さ40mm以上のスクリューねじで留めるべきところ、長さ28mmのスクリューねじで留めていた。(2)下地組みの胴縁を施工していなかった。(3)石こうボードを上端部まで施工しておらず、スクリューねじで留めていなかった。(4)石こうボードの隙間を空けて施工していた。

間仕切り壁に見つかった準耐火構造の大臣認定仕様との不適合箇所。石こうボードを留めるスクリューねじの長さ不足など4項目あった(資料:国土交通省、一部に日経ホームビルダーが加筆)
                 
床の施工の告示仕様違反
                           
 床には2000年の旧建設省告示1358号の仕様に違反している箇所があった。床の直下の天井と壁との取り合い部分の裏面に設けるべき当て木が、未施工だった。
床にあった準耐火構造の告示仕様(2000年の旧建設省告示1358号)との不適合箇所。本来は、床の直下の天井と壁の取り合いなどの部分の裏面には、当て木を設けるなどして、建物内部への炎の侵入を有効に防止できる構造とする必要があった(資料:国土交通省、一部に日経ホームビルダーが加筆)
                  
軒裏の施工の大臣認定仕様違反
                         
 軒裏については、軒天板の施工が原因で、換気隙間が本来の寸法である10~15mmよりも大きくなっていた。
軒裏にも準耐火構造の大臣認定仕様との不適合箇所があった。換気隙間が、本来の寸法である10~15mmよりも大きくなっていた(資料:国土交通省、一部に日経ホームビルダーが加筆)
                         
アキュラホームによると、問題の住宅は名古屋市内で今年施工した注文住宅。建て主は知り合いである第三者の建築士に施工現場のチェックを依頼しており、引き渡し後間もない4月19日に施工不良を同社に指摘したという。同社はこの住宅を調査して大臣認定仕様などとの不適合を確認し、国交省に報告した。さらに1993年以降に建てた他の準耐火建物383件にも同様の不適合の恐れがあることを報告内容に加えた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪府行政書士会 旭東支部所属 (大阪市都島区・鶴見区・城東区・旭区)            東洋法務総合事務所の B l o gへようこそ。

当事務所は大阪府大阪市城東区にある行政書士事務所です。            建設業許可に関する全般(新規・更新申請・経営事項審査・入札参加資格審査・業種追加・決算変更届など)・産業廃棄物収集運搬業許可や電子定款認証に対応した法人・会社設立を専門に取扱う行政書士事務所です。補助金や助成金または決算などについても他士業(弁護士、弁理士、司法書士、税理士、社労士、土地家屋調査士など他多数)と提携していますので連携してサポートすることが可能でワンストップサービスの実現を目標に日々励んでおります。

ホームページに戻る                                      → 行政書士 大阪 東洋法務総合事務所   こちらをクリックしてください。

大阪府行政書士会会員 建設業許可の全般、法人(会社)設立の専門 行政書士 東洋法務総合事務所は大阪市城東区にある行政書士事務所です。 行政書士 東洋法務総合事務所のトップページに戻る
〒536-0006 大阪府大阪市城東区野江2丁目3番4号

TEL.06-6786-0008 FAX.06-6955-8923                                                                                                   お電話でのお問合せ受付時間 / 平日9:00~18:00                                 (土日祝は、原則として休業させていただいております)