中古住宅のリフォーム需要生む「事前検査」 / 日経BP

住宅瑕疵担保責任保険法人のハウスジーメン(東京都港区)は中古住宅を対象に、まだ瑕疵保険を申し込んでいない場合でも同保険の現場検査と同様の「事前検査」を行う有料のサービスを2011年末に開始した。

 中古住宅を対象とする既存住宅売買瑕疵保険の加入手続きでは、保険法人が住宅の構造や雨仕舞いに対して現場検査を行う。検査で見付かった不具合は、改修や補修で解消したうえで加入を認める。瑕疵保険の対象となる中古住宅が増えれば、リフォーム市場の拡大が見込める。

 ただ、ハウスジーメン取締役で保険管理部・検査部担当の大門敏男さんは、「保険加入の対象になる中古住宅は状態がよく、改修不要のものがほとんどだ」と明かす。

 個人間で売買される中古住宅の瑕疵保険は、売り主ではなくリフォーム会社や住宅性能評価機関などが、売買契約の成立後に加入する。性能評価機関の確認サービス(名古屋市)によれば、現場検査で改修すべき箇所が見付かった場合、買い主が欠陥住宅と見なして、売り主の瑕疵担保責任を問う形で契約解除を求めることがよくあるという。中古住宅のなかでも改修の不要なものばかりが瑕疵保険の対象になりがちなのはそのためだ。

(資料:日経ホームビルダー)
(資料:日経ホームビルダー)

 

 ハウスジーメンが始めた事前検査は、改修すればまだ長持ちする中古住宅を瑕疵保険の対象に取り込んでいく狙いがある。仲介会社などは、事前検査に基づいてあらかじめ改修を施しておくことで、保険加入の可能な高品質の中古住宅であることを販売時にアピールできる。

 確認サービスは、事前検査と瑕疵保険を利用して品質重視の中古住宅販売をサポートする事業を、「中古住宅みらいえ」として開始。担当部署の既存住宅保証センターを東京支社に設置し、性能評価機関の神奈川建築確認検査機関(神奈川県相模原市)と共同で運営する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪府行政書士会 旭東支部所属 (大阪市都島区・鶴見区・城東区・旭区)            東洋法務総合事務所の B l o gへようこそ。

当事務所は大阪府大阪市城東区にある行政書士事務所です。            建設業許可に関する全般(新規・更新申請・経営事項審査・入札参加資格審査・業種追加・決算変更届など)・産業廃棄物収集運搬業許可や電子定款認証に対応した法人・会社設立を専門に取扱う行政書士事務所です。補助金や助成金または決算などについても他士業(弁護士、弁理士、司法書士、税理士、社労士、土地家屋調査士など他多数)と提携していますので連携してサポートすることが可能でワンストップサービスの実現を目標に日々励んでおります。

ホームページに戻る                                      →  http://www.to-you-lawyer.com/  こちらをクリックしてください。

大阪府行政書士会会員 建設業許可の全般、法人(会社)設立の専門 行政書士 東洋法務総合事務所は大阪市城東区にある行政書士事務所です。 行政書士 東洋法務総合事務所のトップページに戻る
〒536-0006 大阪府大阪市城東区野江2丁目3番4号

TEL.06-6786-0008 FAX.06-6955-8923                                                                                                   お電話でのお問合せ受付時間 / 平日9:00~18:00                                 (土日祝は、原則として休業させていただいております)