住宅コスト改善(1) / 日経BP

長引くデフレや価格競争などの影響で、多くの住宅会社にとってコスト削減の努力は限界に近付いていると言ってもよいだろう。省エネや耐震性などの性能の維持と両立させるのは難題だ。日経ホームビルダー2012年5月号の特集では、現場や取引先にしわ寄せしないで、いま一歩の住宅コスト削減を実現させる工夫を事例に基づいて考えてみた。内容の一部を2回に分けて紹介する。1回目は、建設現場での作業の開始前に行う工夫で効率を上げた事例だ。


作業前の材料の置き方で上棟を迅速に
 住宅会社から木工事を請け負う前岡工務店(広島県尾道市)の前岡亮太さんは、上棟作業を迅速にする工夫に取り組んでいる。作業日の前に構造平面図を見て、柱を立てる位置の近くに柱材を並べ、その近くに梁材を横たえる。梁は実際に架ける向きに置く。約2時間の準備作業だ。

 前岡さんは作業を行う理由をこう説明する。「当日、手伝いに来る大工仲間が整然とした現場で安全に気持ち良く作業できるようにと考えて、始めた工夫だ。部材が現場の隅にまとめて置いてあると、作業の流れが置き場の周囲で止まって、時間のロスが発生する恐れがある」。

 このほか、あらかじめ部材の梱包材は剥ぎ取り、梁材に羽子板ボルトを取り付けておく。これらの手間で、上棟に必要な人手を通常の7人程度から5人に減らせる。日当を2万円とすれば4万円が浮くことになる。

1時間前に現場に到着
 ローコスト住宅のフランチャイズチェーン(FC)である千金堂(東京都渋谷区)の加盟店の美建住宅(群馬県伊勢崎市)。マネージャーの大美賀和孝さんによると、大工が自主的に作業効率を上げてコスト削減につなげている例もあるという。

 ある常用の大工は作業開始の1時間前、午前7時に現場に到着するようにしている。作業効率を上げるための事前準備が主な目的だ。その日に施工する部材を取り付け部位の近くに運んで、8時の作業開始まで待機する。「この準備で施工手順が頭の中で整理され、施工のスピードが向上している」(大美賀さん)。

設備投資で労務費が減った
 加度商(広島県尾道市)は断熱材としてセルローズファイバーを採用し、吹き込み作業も自社で行っている。数年前、この作業用の機械を1台増やして2台体制にすることで、吹き込み作業の労務費は現場1カ所当たり1人工分を減らすことができた。

 1台目の機械を購入したのは8年ほど前で、しばらくはこの1台だけで足りた。その後、需要が伸びたうえに、戸建て住宅全棟に標準仕様としてセルローズファイバーを施工するようになったため、2台目を買い入れた。

 一般にセルローズファイバーの吹き込み機械は材料を投入するホッパー部分と、噴出させるブロアーとホースからなり、作業員が2人1組で操作する。1人はパック詰めされたセルローズファイバーをほぐしてホッパーに投入する係。もう1人が、ホースを持って壁内や床下、天井に吹き込んでいく係だ。

2人で1台→3人で2台
 1棟の現場で機械2台を稼働させれば、作業時間は半分で済む。当初は1台当たり2人、計4人で吹き込み作業をしていた。 ところがある日、作業の様子を見ていた同社専務の加度亮平さんは、「ホッパーへの材料の供給は、1人で2台を扱えるのではないか」と気付いた。「ホースの先端はあちこち動き回るが、ホッパーは2台並べて置いてある。材料を入れるだけなら1人でできるはずだと思った」(加度さん)。

 実践してみると、案の定、問題なく施工できた。それ以降、機械2台を同時に使用する場合は、作業員3人のチームを組んでいるという。

 機械2台を使って1棟当たり3日で吹き込みをするとして、以前は2万円×4人×3日=24万円かかっていた労務費が、1人減ることで6万円削れた。年間に30棟施工する場合は、約180万円が浮くことになる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪府行政書士会 旭東支部所属 (大阪市都島区・鶴見区・城東区・旭区)            東洋法務総合事務所の B l o gへようこそ。

当事務所は大阪府大阪市城東区にある行政書士事務所です。            建設業許可に関する全般(新規・更新申請・経営事項審査・入札参加資格審査・業種追加・決算変更届など)・産業廃棄物収集運搬業許可や電子定款認証に対応した法人・会社設立を専門に取扱う行政書士事務所です。補助金や助成金または決算などについても他士業(弁護士、弁理士、司法書士、税理士、社労士、土地家屋調査士など他多数)と提携していますので連携してサポートすることが可能でワンストップサービスの実現を目標に日々励んでおります。

ホームページに戻る                                      →  http://www.to-you-lawyer.com/  こちらをクリックしてください。

大阪府行政書士会会員 建設業許可の全般、法人(会社)設立の専門 行政書士 東洋法務総合事務所は大阪市城東区にある行政書士事務所です。 行政書士 東洋法務総合事務所のトップページに戻る
〒536-0006 大阪府大阪市城東区野江2丁目3番4号

TEL.06-6786-0008 FAX.06-6955-8923                                                                                                   お電話でのお問合せ受付時間 / 平日9:00~18:00                                 (土日祝は、原則として休業させていただいております)