全中建・社会保険加入状況調査結果 / 建設工業新聞

全国中小建設業協会(全中建、岡本弘会長)は、会員企業を対象に実施した社会保険の加入状況に関するアンケートの結果をまとめた。会員企業の約1割を抽出して調査。元請企業よりも下請企業の方が未加入者が多いことや、社員以外の未加入者が多い傾向が見られた。未加入の主な理由には「資金の余裕がない」「本人の希望」「事業主や役員などのため加入できない」といった回答が寄せられた。全中建は未加入状況をさらに精査。下請企業への指導なども含め対策を検討する。

                  
 国土交通省を中心に官民で社会保険の加入促進を図っていることを踏まえて調査を実施した。調査対象は288社で、うち252社から回答を得た。回収率は87・5%。調査対象人数は、会員会社の正社員が9223人、正社員以外が664人。元請工事現場については正社員が2441人(下請企業含む)、正社員以外が1001人(同)。会員企業については、直近の経営事項審査の内容を、元請工事現場については12年11月15日時点の状況を調べた。
                    

 会員企業の状況を見ると、正社員の未加入割合は、健康保険0・4%、年金0・4%、雇用保険1・3%。一方、正社員以外の未加入割合は、健康保険14・4%、年金15・2%、雇用保険9・2%だった。年齢などによる適用除外も含まれているため一概には言えないが、正社員以外の方が未加入割合が高くなる傾向があるとしている。

                   
 元請工事現場の状況は、下請企業も含めて調査した。社員の未加入率は、健康保険5・1%、年金6・7%、雇用保険7・4%。これに対し、社員以外の未加入率は、健康保険22・5%、年金25・1%、雇用保険26・1%となっており、ともに2割を超えていた。全中建によると、下請企業の加入率が低いことが要因として考えられるという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪府行政書士会 旭東支部所属 (大阪市都島区・鶴見区・城東区・旭区)            東洋法務総合事務所の B l o gへようこそ。

当事務所は大阪府大阪市城東区にある行政書士事務所です。            建設業許可に関する全般(新規・更新申請・経営事項審査・入札参加資格審査・業種追加・決算変更届など)・産業廃棄物収集運搬業許可や電子定款認証に対応した法人・会社設立を専門に取扱う行政書士事務所です。補助金や助成金または決算などについても他士業(弁護士、弁理士、司法書士、税理士、社労士、土地家屋調査士など他多数)と提携していますので連携してサポートすることが可能でワンストップサービスの実現を目標に日々励んでおります。

ホームページに戻る                                      → 行政書士 大阪 東洋法務総合事務所   こちらをクリックしてください。

大阪府行政書士会会員 建設業許可の全般、法人(会社)設立の専門 行政書士 東洋法務総合事務所は大阪市城東区にある行政書士事務所です。 行政書士 東洋法務総合事務所のトップページに戻る
〒536-0006 大阪府大阪市城東区野江2丁目3番4号

TEL.06-6786-0008 FAX.06-6955-8923                                                                                                   お電話でのお問合せ受付時間 / 平日9:00~18:00                                 (土日祝は、原則として休業させていただいております)