大手で中途退職が増加 / 建設通信新聞

30代の離職(中途退職)とメンタル疾患者の発生が最多――。建設コンサルタンツ協会の調査結果によると、離職した年代は30代が半分近くを占め、売上高規模別では100億円以上の企業が7割に達していた。転職先は大規模企業で公務員志向が5割を超えている。メンタル疾患者の発生年齢も30代は20代の3.6倍だった。大島一哉会長は、離職とメンタル疾患が「多くの会社で増加の実態が明らかになった」と述べた。

                 
 建コン協は、会員企業の建設コンサルタント技術者を対象とした「所定外労働時間等に関する実態調査」を2月に実施、会員425社のうち255社から回答を得た。今回が3回目で、離職とメンタル疾患者の項目を新設した。

                     
 最近3年間の離職者は、全会員平均だと「変わらない」が48.5%、「増加傾向」が14.9%、「減少傾向」が20.7%だが、100億円以上の企業は「変わらない」が53.8%と最も多いものの、「増加傾向」が30.8%で「減少傾向」の15.4%の2倍となっている。

              
 離職した年代は、30代が全会員平均で45.4%、売上高規模別でもすべて30代がトップを占め、10億円以上の規模はすべて50%を超え、特に100億円以上は76.9%と最も多かった。離職の最大理由は、「業界、会社の将来不安」が26.4%、「転職」が19.3%で、1位と2位だった。

                    
 転職先は「他業種」「同業他社」「地方公務員」がほぼ3分の1ずつとなっているが、国家公務員と地方公務員を合計すると、40億円以上−100億円未満は52.3%、100億円以上は61.5%と過半数を占める。業界で指摘されている「若手の公務員への転職が多い」実態を裏付けている。

                     
 一方、最近3年間のメンタル疾患発生は、「変わらない」が31.1%で最も多いが、「増加傾向」が16.8%で「減少傾向」の3.8%を大きく上回っている。このうち100億円以上は「増加傾向」が53.8%と高水準だった。

                   
 発生年齢は、30代が24.6%、40代が14.4%、20代が6.8%と続いている。規模別に30代の比率をみると、40億円以上100億円未満の62.5%が最も多く、次いで100億円以上が46.2%となっている。

次代を担う30代の人材喪失は、企業にとって大きな打撃となることが危惧される。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪府行政書士会 旭東支部所属 (大阪市都島区・鶴見区・城東区・旭区)            東洋法務総合事務所の B l o gへようこそ。

当事務所は大阪府大阪市城東区にある行政書士事務所です。            建設業許可に関する全般(新規・更新申請・経営事項審査・入札参加資格審査・業種追加・決算変更届など)・産業廃棄物収集運搬業許可や電子定款認証に対応した法人・会社設立を専門に取扱う行政書士事務所です。補助金や助成金または決算などについても他士業(弁護士、弁理士、司法書士、税理士、社労士、土地家屋調査士など他多数)と提携していますので連携してサポートすることが可能でワンストップサービスの実現を目標に日々励んでおります。

ホームページに戻る                                      →  http://www.to-you-lawyer.com/  こちらをクリックしてください。

大阪府行政書士会会員 建設業許可の全般、法人(会社)設立の専門 行政書士 東洋法務総合事務所は大阪市城東区にある行政書士事務所です。 行政書士 東洋法務総合事務所のトップページに戻る
〒536-0006 大阪府大阪市城東区野江2丁目3番4号

TEL.06-6786-0008 FAX.06-6955-8923                                                                                                   お電話でのお問合せ受付時間 / 平日9:00~18:00                                 (土日祝は、原則として休業させていただいております)