建設産業戦略会議・下請企業評価で骨子 / 建設通信新聞

 国土交通省は12日、「建設産業戦略会議」(座長・大森文彦弁護士・東洋大教授)を開き、最終的な取りまとめのベースとなる骨子を提示した。国土・地域づくりの担い手としての役割を果たすためのあり方を検討してきた。これまでの議論を総括し、下請企業の評価といった人材育成と、多様な入札契約制度の構築の大きく2つの方向に整理、今後はさらに短期、中長期それぞれの視点で要点を整理し、会議の成果をまとめる考え。

                  
 国交省が提示した骨子では、「“足腰の強い”建設産業」「多様なニーズ、役割に応える建設産業」の2つの方向性が示された。
 「“足腰の強い”建設産業」は、人材育成に関する内容が中心で、委員からも法定福利費や人材育成費用など、本来競争の対象とすべきでない費用が競争の対象となっているため、地域維持事業などを入札契約の各段階で適切に評価する必要があるとの意見が上がった。

                 
 特に、建設産業の強化に向けて、施工の中核である下請企業の評価が求められていることに対して、国交省、委員ともに意見が一致。ただ、5月末に開かれた社会保険未加入対策推進協議会では下請見積方式を導入する方針が打ち出されたものの、海外の事例を踏まえれば元請けが発注者に対して必要な金額などを示した内訳書を提出すべきと指摘する委員もいた。

                      
 「多様なニーズ、役割に応える建設産業」は、多様な入札契約制度の構築の必要性を指摘する内容。これに対して委員からは、中長期的に総価契約一式請負方式からの脱却を図ることが求められるとの意見や、経営事項審査にもとづくランク分けも限界に近づいているといった意見があった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪府行政書士会 旭東支部所属 (大阪市都島区・鶴見区・城東区・旭区)            東洋法務総合事務所の B l o gへようこそ。

当事務所は大阪府大阪市城東区にある行政書士事務所です。            建設業許可に関する全般(新規・更新申請・経営事項審査・入札参加資格審査・業種追加・決算変更届など)・産業廃棄物収集運搬業許可や電子定款認証に対応した法人・会社設立を専門に取扱う行政書士事務所です。補助金や助成金または決算などについても他士業(弁護士、弁理士、司法書士、税理士、社労士、土地家屋調査士など他多数)と提携していますので連携してサポートすることが可能でワンストップサービスの実現を目標に日々励んでおります。

ホームページに戻る                                      → 行政書士 大阪 東洋法務総合事務所   こちらをクリックしてください。

大阪府行政書士会会員 建設業許可の全般、法人(会社)設立の専門 行政書士 東洋法務総合事務所は大阪市城東区にある行政書士事務所です。 行政書士 東洋法務総合事務所のトップページに戻る
〒536-0006 大阪府大阪市城東区野江2丁目3番4号

TEL.06-6786-0008 FAX.06-6955-8923                                                                                                   お電話でのお問合せ受付時間 / 平日9:00~18:00                                 (土日祝は、原則として休業させていただいております)