標準見積書、一斉活用に弾み / 建設通信新聞

9月ごろに予定されている一斉活用を前に、「標準見積書」を使って成約する事例が出始めた。全国基礎工業協同組合連合会(梅田巖会長)の会員企業である丸泰土木(本社・東京都江戸川区、玉川文明社長)が元請会社の市原組(千葉市、松山淳一社長)に、全基連が6月にブラッシュアップした標準見積書を使って見積書を提出、契約を結んだ。全基連の会員企業が標準見積書を使って見積書を提出、成約したのは今回が初めて。各団体がブラッシュアップを進めている標準見積書を活用し、成約までこぎ着けるのは建設業界でも早く、社会保険未加入対策として取り組む官民挙げた標準見積書の一斉活用に弾みが付きそうだ。
全基連はことし4月1日、会員企業に対し国土交通省の標準見積書の使用を要請している。並行して情報収集を重ね、不具合などを改善し、6月中にブラッシュアップを終え、会員内・外に周知・徹底している。
全基連によると、ブラッシュアップした標準見積書を活用した成約案件のほか、法定福利費を別枠計上し成約した案件が2件ある。うち1件の契約先は大手ゼネコンだという。
今回成約したのは丸泰土木が市原組と結んだ圏央道成田下総線跨道橋下部その他工事(工事場所・千葉県成田市青山地先)の橋梁下部工事で、「労務費の総計金額に応じて標準見積書に記載した」(海東彰丸泰土木営業部上席主任)。市原組の理解もあり、法定福利費として健康保険、介護保険、厚生年金保険、雇用保険を別枠計上し、金額も満額計上だったという。
「国土交通省の発注案件のほか、浸透へ対応する自治体も増えており、ほかに数十件ある」(海東上席主任)。
丸泰土木の玉川社長は、「全基連の指導のもと、4月1日以降、積極的に標準見積書を活用している」と話している。
こうした動きに、国土交通省からも「社会保険未加入対策を進める上で、標準見積書を活用した法定福利費の確保が大きなかぎを握る。今回、全基連傘下の企業で標準見積書の活用事例が出始めてきたことが、9月の一斉スタートに向けて大きな弾みになっていくと思う」(建設市場整備課労働資材対策室)と歓迎する声が上がっている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪府行政書士会 旭東支部所属 (大阪市都島区・鶴見区・城東区・旭区)            東洋法務総合事務所の B l o gへようこそ。

当事務所は大阪府大阪市城東区にある行政書士事務所です。                   建設業許可に関する全般(新規・更新申請・経営事項審査・入札参加資格審査・業種追加・決算変更届など)・産業廃棄物収集運搬業許可や電子定款認証に対応した法人・会社設立を専門に取扱う行政書士事務所です。補助金や助成金または決算などについても他士業(弁護士、弁理士、司法書士、税理士、社労士、土地家屋調査士など他多数)と提携していますので連携してサポートすることが可能でワンストップサービスの実現を目標に日々励んでおります。

建設業許可専門 東洋法務総合事務所のトップページに戻る                           → 行政書士 大阪 東洋法務総合事務所

大阪府行政書士会会員 建設業許可の全般、法人(会社)設立の専門 行政書士 東洋法務総合事務所は大阪市城東区にある行政書士事務所です。 行政書士 東洋法務総合事務所のトップページに戻る

〒536-0006                                              大阪府大阪市城東区野江2丁目3番4号

TEL.06-6786-0008 FAX.06-6955-8923

お電話でのお問合せ受付時間 / 平日9:00~18:00                                 (土日祝は、原則として休業させていただいております)