社会保険加入の課題抽出へ / 建設工業新聞

建設労務安全研究会(労研、加藤正勝理事長)は、国土交通省を中心に官民で進めている建設業者の社会保険未加入対策で、課題抽出などの作業を始める。2日に東京都内で開かれた全国労研交流会議で加藤理事長が表明した。ゼネコン各社は協力会社などへの対策の周知を図り始めた段階とみられるが、今後、保険加入の対象外となる一人親方の増加などが懸念され、民間工事発注者の対応も課題になるとみられる。このため、各地区の労研が国交省の各地方整備局との意見交換などを行って課題を持ち寄り、必要に応じて国と協議していくことを提案した。

                       
 加藤理事長は「(建設労働者の)待遇を良くすることは皆の願い」としつつも、「現実的な問題として、このままいけば一人親方や個人事業主が増えるなど種々の問題が出てくると思う」と述べた。さらに、民間工事発注者の適正な保険料負担や、民間発注者への国交省や厚生労働省による指導の必要性も指摘した。

                            
 大阪建設労務研究会(大阪労研)の松谷和也委員長は、「(各社は)施工体制台帳の見直しなどを行い、協力会社に周知徹底を始めたところだと想定している。はっきりとした方向性は打ち出せていないが、真剣に取り組んでいかないといけない」と述べた。また、「当面、元請としては加入指導をきっちり行い、書類で証拠を残すという対応に尽きるが、(加入促進の目標年度である)5年後にどういう姿になっているか想像しにくい。国交省ががりがりと(厳しく規制を)やった場合には、2次下請業者はほとんど廃業せざるを得なくなるのではないか」との懸念も示した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪府行政書士会 旭東支部所属 (大阪市都島区・鶴見区・城東区・旭区)            東洋法務総合事務所の B l o gへようこそ。

当事務所は大阪府大阪市城東区にある行政書士事務所です。            建設業許可に関する全般(新規・更新申請・経営事項審査・入札参加資格審査・業種追加・決算変更届など)・産業廃棄物収集運搬業許可や電子定款認証に対応した法人・会社設立を専門に取扱う行政書士事務所です。補助金や助成金または決算などについても他士業(弁護士、弁理士、司法書士、税理士、社労士、土地家屋調査士など他多数)と提携していますので連携してサポートすることが可能でワンストップサービスの実現を目標に日々励んでおります。

ホームページに戻る                                      → 行政書士 大阪 東洋法務総合事務所   こちらをクリックしてください。

大阪府行政書士会会員 建設業許可の全般、法人(会社)設立の専門 行政書士 東洋法務総合事務所は大阪市城東区にある行政書士事務所です。 行政書士 東洋法務総合事務所のトップページに戻る
〒536-0006 大阪府大阪市城東区野江2丁目3番4号

TEL.06-6786-0008 FAX.06-6955-8923                                                                                                   お電話でのお問合せ受付時間 / 平日9:00~18:00                                 (土日祝は、原則として休業させていただいております)