2012年05月の投稿

職人の喫煙や飲食マナー / 日経BP

大工などの職人に対して「建築現場でたばこをなるべく吸わないように」と依頼する住宅会社も少なくない。「所定の場所で喫煙をする」などルールを決めて許可するケースもあるだろう。このような配慮は本当に顧客が必要としているのか。

 日経ホームビルダー2012年6月号では、2009年以降に木造の注文住宅を建てた顧客300人を対象に、建築現場における職人の喫煙と飲食のマナーに対する意識を尋ねてみた。

 現場で職人が喫煙することについて、「許せない」と回答した顧客は約35%。理由は「火事が心配」「臭いが嫌だ」などが大半だった(下のグラフを参照)。

 残りの約6割の人たちは、「条件付きでなら許せる」など喫煙への理解に前向きなことがわかった。「火事に気を付けてほしい」「近所迷惑にならないように」「臭いが付かないように配慮してほしい」など、顧客が不快に思うことを避けることが、理解を得るポイントのようだ。

 現場での飲食に対する顧客の意識も同様だ。飲食を「許せない」と回答した人は6%と少なく問題がないように思えるが、理解に前向きな人たちにも前提条件がある。「汚さないようにシートを敷いてほしい」「事前に飲食することを伝えて」など、顧客の不快を避ける配慮は心掛けておきたい。

顧客のちょっと言わせて!

 たばこは許せる

  • モラルを持っていれば許せる。たばこの吸い方が重要だ。(栃木、36歳、男性)
  • 建物の完成が近い状態であれば衛生的にも精神的にもよくは思わない。内装工程に入る前なら許せる。(埼玉、30歳、男性)
  • たばこを吸わないとストレスがたまるという人もいるので、内装に入る前なら許せる。それ以降の工程では敷地の外などで吸ってほしい。(長崎、31歳、女性)
  • 建て主が室内で吸わないように計画しているのに、完成前に大工さんが室内で吸ってしまうのは困る。ただ、内装工程の前ならば許容範囲と感じている。(北海道、31歳、女性)
  • 職人さんはたばこを吸う人が多いと思うので、近所迷惑になったり家を汚したりしないなどマナーを守ってもらえればよい。(東京、39歳、女性)
  • 建物がある程度まで完成したら臭いの心配があるので、土台や柱、梁などが入る前までなら許せる。木材が入った後だと、火災の危険などがある。(東京、36歳、男性)
  • 建物の中はだめだが、休憩時に外で近所の迷惑にならないなら許せる。もちろん、喫煙後きちんと片付けることが条件。(大阪、34歳、女性)
  • 少しの期間で臭いがこびりつくほどでなく、引き渡しのときに臭いを消しておいてくれるなら気にしない。大工さんにも休憩は必要。(神奈川、36歳、女性)
  • 職人さんも人間だから休憩中にたばこを吸うことはあると思う。後始末をきちんとして、室内で吸わないなら別に構わない。(埼玉、31歳、女性)

  

たばこは許せない
  • 屋外で吸っているとしても、工事現場に見に行ったときなどに私や子どもがたばこの煙を吸ってしまうことが心配。特に、子どもにたばこの煙を吸わせることに抵抗感があるので止めてほしい。(新潟、41歳、女性)
  • たばこの火の不始末などで火事になり焼失するのではないかと不安だ。(千葉、53歳、男性)
  • 新築の香りを大切にしたいのでたばこの臭いが付くのが心配。(島根、40歳、女性)
  • 嫌煙家であるため。(広島、35歳、男性)

 

 飲食は許せる

  • 内装が汚れないのであれば、内装工程に入っていても建物内で昼食をとるなどは構わない。ただ、段ボールを敷くなどはしてほしい。(北海道、34歳、女性)
  • 車の中で昼食をとるなどではゆっくりも出来ないと思う。汚したら掃除すればいいこと。(神奈川、36歳、女性)
  • 現場近くに飲食店やコンビニがない場合、仕方がないと思う。(愛知、38歳、男性)
  • 食べ物や飲み物をこぼした際、たとえ下地であっても傷みの原因になりそうで嫌だ。食べこぼしなどを防止するためにシートを敷いたり、ゴミの管理を徹底したりしていれば許せる。(福岡、32歳、女性)
  • 汚れないのであれば飲食は許せる。食事がとれないと職人さんは困ると思う。(東京、36歳、男性)
  • 建物自体に問題がなければ大丈夫だが、事前に建物を利用すること、例えば敷地内で飲食をすることなどを伝えておいてくれればOK。(広島、38歳、女性)
  • 汚されるかもしれないから少し嫌だとは思うけれども、休憩中など食事が必要なこともあるのだから仕方がない。ただ、絶対に汚さず、後始末をきちんとすることが条件。(埼玉、31歳、女性)
  • たばこよりはまだ許せる。ただ、飲食後、きれいにしてあるかどうかで許せる度合いが変わると思う。(長野、37歳、女性)
  • 建物や土地などを汚さないように気を付けていれば許せるが、内装工程に入ってからは生理的に嫌だと感じている。(兵庫、35歳、男性)

 

 飲食は許せない

  • 建物内で食事はモラルのない行為だと思う。乗ってきた車の中や、建物外の敷地で食事はするべきだと思う。(広島、35歳、男性)
  • 汚れる可能性もあるし、たとえ汚れた場所が後で見えなくなる場所だったとしてもお金を出している建て主の立場としては気分が悪い。(岐阜、49歳、女性)
  • 完成前とはいえ、建物は建て主のもの。昼食や飲食など休憩で建物を使うのは許せない。(宮城、37歳、女性)

 【調査概要】

2009年以降に木造の注文住宅を建てた顧客300人を対象に、2011年11月にインターネットを使って調査した。建築を依頼した先(設計と施工が別の場合は、主に打ち合わせをした依頼先)は、工務店が123人、設計事務所が19人、ハウスメーカーが152人だった。調査はネオマーケティング(旧メディアインタラクティブ)に依頼した

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪府行政書士会 旭東支部所属 (大阪市都島区・鶴見区・城東区・旭区)            東洋法務総合事務所の B l o gへようこそ。

当事務所は大阪府大阪市城東区にある行政書士事務所です。            建設業許可に関する全般(新規・更新申請・経営事項審査・入札参加資格審査・業種追加・決算変更届など)・産業廃棄物収集運搬業許可や電子定款認証に対応した法人・会社設立を専門に取扱う行政書士事務所です。補助金や助成金または決算などについても他士業(弁護士、弁理士、司法書士、税理士、社労士、土地家屋調査士など他多数)と提携していますので連携してサポートすることが可能でワンストップサービスの実現を目標に日々励んでおります。

ホームページに戻る                                      → 行政書士 大阪 東洋法務総合事務所   こちらをクリックしてください。

大阪府行政書士会会員 建設業許可の全般、法人(会社)設立の専門 行政書士 東洋法務総合事務所は大阪市城東区にある行政書士事務所です。 行政書士 東洋法務総合事務所のトップページに戻る
〒536-0006 大阪府大阪市城東区野江2丁目3番4号

TEL.06-6786-0008 FAX.06-6955-8923                                                                                                   お電話でのお問合せ受付時間 / 平日9:00~18:00                                 (土日祝は、原則として休業させていただいております)