納得されるまで、何度でも打ち合わせします。

あなたの夢を実現するために、
私は何度でも打ち合わせをさせていただきます。

「お客さんから言われた事だけ、やればいい」とある行政書士さんが言っていました。

たしかに、行政書士は、報酬額を低く設定し(数をこなし)依頼者の要望を叶える。
一見すると、WIN=WINで経済効率もいいのでしょう。
しかし、それは本当にあなたの起業しようとする会社のためになっているのでしょうか?
あなたが、どんな会社を創られたいのか、どんな目標があるのか、
そのためには、どんな手続きが将来的には必要となるのか?

私はあなたの会社の将来性を見据えたものを追究させていただかないと、
あなたから任された会社設立のご依頼を完遂したと思えないからです。

依頼者から言われたとおりの会社を設立したがために、
設立してすぐ依頼者に無駄な費用の出費が生じてしまった等の
トラブルが起こってしまっては、
法律事務手続きのプロフェッショナルである行政書士が
会社設立に関与させていただいく意味がありません。

● まずは、最初に2時間ほど(訪問)面談をお願いいたします。

あなたのこれまでのことや将来のことなど、
雑談を交えて色々お聴かせください。
(たわいのない会話の中に、貴重なヒントが含まれていることがあるのです。)

● その後も、会社設立までに最低1回は(訪問)面談を
  お願いいたします。
  さらに必要があれば、何度でも打ち合わせさせていただきます。

設立させていただく会社の根幹(定款)について、最終確認を行わせていただきます。

● 会社設立後、お届け(報告)いたします。

現在事項全部証明書及び印鑑証明書、印鑑カードを取得の上、
お届けいたします。従業員の雇用や租税関係の手続きについて、ご説明させていただきます。
なお、ご要望がございましたら社会保険労務士や税理士を、
ご紹介させていただくこともできます。

会社の創立までに最低2回は面談していただき、
会社の設立について納得されるまで、何度でも打ち合わせさせていただきます。
印紙代、交通費等は全て当初の費用に含んでおります。

※追加の報酬は原則として一切頂きません。

→法人成りは、こちらへ
→会社設立/株式会社は、こちらへ
ページTOPへ