通学路の安全対策強化へ・歩道整備予算を確保 / 建設工業新聞

 登校中の児童らが巻き込まれる交通事故が全国で多発していることを受け、民主党の有志議員らが通学路の安全対策を強化するための議員連盟を発足させる。4日に設立総会を開く。6月中にも政府・関係機関への政策提言をまとめ、安全な歩行空間の確保に向けた施策を具体化。歩道整備やガードレールの設置などハード整備に重点を置いた対策を加速させるとともに、登下校の時間帯に強制的に自動車の通行を禁止するなど、ソフト面の方策も検討する。
                       
 発足するのは「児童ら通学安全対策促進議員連盟(通学安全議連)」。発起人は衆参両院の民主党議員約30人。発起人代表の伴野豊衆院議員は「日本の将来を担う子どもたちのためにも通学路の安全対策を徹底的に検討し、対策の重点化を図る。チルドレンファーストの街づくりは高齢者など交通弱者対応にもつながる」と話している。歩道などが未整備の通学路は延長5万2400キロメートルに上り、1年当たりの整備延長は予算ベースで600~700キロメートル程度という。このペースでは整備完了までに70年以上もかかることから、「事業の前倒しに向け、関係予算の大幅アップを求めていく」(伴野氏)考えだ。
                         
 通学路の安全対策では、国土交通、文部科学、警察の関係省庁も連携を強化。6月中には有識者会議を立ち上げる。8月末までに通学路の緊急合同点検を実施する計画で、対策が必要な危険個所を抽出。各地域の教育委員会や道路管理者、警察が連携して対策を実施する。
                     
 国交省が策定作業を進めている12~16年度の次期社会資本整備重点計画の素案では、道路交通の安全強化に関する指標に通学路の歩道整備率を新たに設定。通学路への歩道整備のほか、ガードレールの設置やカラー舗装といった即効性の高い対策を実施し、歩行空間の安全性向上に重点的に取り組む方針だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪府行政書士会 旭東支部所属 (大阪市都島区・鶴見区・城東区・旭区)            東洋法務総合事務所の B l o gへようこそ。

当事務所は大阪府大阪市城東区にある行政書士事務所です。            建設業許可に関する全般(新規・更新申請・経営事項審査・入札参加資格審査・業種追加・決算変更届など)・産業廃棄物収集運搬業許可や電子定款認証に対応した法人・会社設立を専門に取扱う行政書士事務所です。補助金や助成金または決算などについても他士業(弁護士、弁理士、司法書士、税理士、社労士、土地家屋調査士など他多数)と提携していますので連携してサポートすることが可能でワンストップサービスの実現を目標に日々励んでおります。

ホームページに戻る                                      → 行政書士 大阪 東洋法務総合事務所   こちらをクリックしてください。

大阪府行政書士会会員 建設業許可の全般、法人(会社)設立の専門 行政書士 東洋法務総合事務所は大阪市城東区にある行政書士事務所です。 行政書士 東洋法務総合事務所のトップページに戻る
〒536-0006 大阪府大阪市城東区野江2丁目3番4号

TEL.06-6786-0008 FAX.06-6955-8923                                                                                                   お電話でのお問合せ受付時間 / 平日9:00~18:00                                 (土日祝は、原則として休業させていただいております)