不動産業設備投資が本格回復 / 建設通信新聞

ゼネコンの民間受注額の3分の1を占める、不動産業の設備投資意欲回復が鮮明になりつつある。日銀が19日公表した、9月末の貸出先別貸出金調査で、不動産業の設備投資を目的にした新規借入額は2兆5785億円とリーマン・ショック前の水準を超えた。製造業など各業種別の設備投資向け新規融資合計額も同ショック以前の水準である10兆円台を確保した。デフレ脱却と日本経済再生へ、まず公共投資がけん引し内需が拡大するという景気回復に向けた好循環の兆しが、資金調達の側面からも浮き彫りになった格好だ。
国土交通省が公表した今年度の建設投資見通し額では、49兆9500億円の全体額に対し、民間投資額が27兆9900億円。内訳は、民間住宅投資は14兆8900億円、民間非住宅建設投資は13兆1000億円だ。
大手・準大手・中堅ゼネコンなどで構成する日本建設業連合会の受注統計でも、民間受注額の3分の1は不動産からで、不動産業の発注動向が、民間建設市場を左右してきた。
国内銀行の9月末不動産向け融資額動向で注目されるのは、設備投資を目的に新たに7-9月期で借り入れた設備資金新規貸出額(企業への融資額)が、前年同期比13.3%増の2兆5785億円と、リーマン・ショック以前の2007年9月末水準まで拡大したことだ。
不動産業の9月末時点の設備投資目的の新規借入額は、08年秋のリーマン・ショックと11年3月の東日本大震災によって低迷していたが、12年9月末、13年9月末と2期連続して2桁の増加となった。
また新規借入額だけでなく、銀行からの借入金全体と設備投資目的借入額がいずれも2期連続で増加しており、不動産業の今後の設備投資原資が厚くなった形。
震災後の建設投資動向については、「安倍政権発足、15カ月予算執行、2020東京五輪開催決定の3段ロケットによって、引き合いも含め業務はパンパンの状態」(複数の大手設計事務所)と、民間建設投資が回復基調にあると言われてきた。
10兆0016億円と大台を確保した国内銀行の設備資金新規貸出額全体(個人向け住宅ローンなどを含む)に占める不動産業向け新規設備投資目的の融資額割合も、25.7%と07年以降最大となる4分の1まで高まった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪府行政書士会 旭東支部所属 (大阪市都島区・鶴見区・城東区・旭区)            東洋法務総合事務所の B l o gへようこそ。

当事務所は大阪府大阪市城東区にある行政書士事務所です。                   建設業許可に関する全般(新規・更新申請・経営事項審査・入札参加資格審査・業種追加・決算変更届など)・産業廃棄物収集運搬業許可や電子定款認証に対応した法人・会社設立を専門に取扱う行政書士事務所です。補助金や助成金または決算などについても他士業(弁護士、弁理士、司法書士、税理士、社労士、土地家屋調査士など他多数)と提携していますので連携してサポートすることが可能でワンストップサービスの実現を目標に日々励んでおります。

建設業許可専門 東洋法務総合事務所のトップページに戻る                           → 行政書士 大阪 東洋法務総合事務所

大阪府行政書士会会員 建設業許可の全般、法人(会社)設立の専門 行政書士 東洋法務総合事務所は大阪市城東区にある行政書士事務所です。 行政書士 東洋法務総合事務所のトップページに戻る

〒536-0006                                              大阪府大阪市城東区野江2丁目3番4号

TEL.06-6786-0008 FAX.06-6955-8923

お電話でのお問合せ受付時間 / 平日9:00~18:00                                 (土日祝は、原則として休業させていただいております)