就業者 50代の減少加速 / 建設通信新聞

建設業就業者の年齢構成に変化が表れ始めていることが、国土交通省の分析で明らかになった。ここ数年、高い技術と豊富な経験を持ち、建設業を支える中心的な世代となる50代の就業者数が、若年層の減少を上回るペースで加速度的に減少し続けている。人材の“量的”な縮小だけでなく、技術・技能継承の観点から“質的”な低下も懸念される状況にあり、建設業界にとって大きな課題に発展する可能性もある。

                    
 建設業就業者数は1997年をピークに減少し続け、11年の推計は497万人。年齢構成の推移のうち、55歳以上の就業者が占める割合は、97年以降、02年を除いて増加し続け、2010年には33.1%となり、高齢化の進行が鮮明になっている。

                          
 ただ、11年の状況は、高齢化の割合が32.8%に低下。こうした就業者の世代構成に変化が表れたことを踏まえ、国交省は詳細な分析を進めることにした。

                      
 02年以降の就業者数を世代別に見ると、60歳以上を除き、すべての世代で減少している。特に、50代は、02年以降の10年で60万人程度が減少し、最も減少数が大きくなった。加齢により60代に移行したことを考慮しても、60代は10年間で20万人程度の増加にとどまっており、50代の相当数が建設業を離れてしまったと考えられる。

                 
 同様に、将来の建設業を担う20代も10年で50万−60万人が減少。さらに、依然として入職者数も減少し続けている現状も踏まえると、建設業就業者の“量的”な縮小に加えて“質的”な低下も加速させることになる。

                    
 国交省も「建設業の仕事の多くは、年齢を重ねるごとに熟練技術が蓄積されていく。こうした技術を持っているであろう就業者の大量退職は、技術継承の観点からも問題かもしれない」とみており、何らかの対策が求められている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪府行政書士会 旭東支部所属 (大阪市都島区・鶴見区・城東区・旭区)            東洋法務総合事務所の B l o gへようこそ。

当事務所は大阪府大阪市城東区にある行政書士事務所です。            建設業許可に関する全般(新規・更新申請・経営事項審査・入札参加資格審査・業種追加・決算変更届など)・産業廃棄物収集運搬業許可や電子定款認証に対応した法人・会社設立を専門に取扱う行政書士事務所です。補助金や助成金または決算などについても他士業(弁護士、弁理士、司法書士、税理士、社労士、土地家屋調査士など他多数)と提携していますので連携してサポートすることが可能でワンストップサービスの実現を目標に日々励んでおります。

ホームページに戻る                                      → 行政書士 大阪 東洋法務総合事務所   こちらをクリックしてください。

大阪府行政書士会会員 建設業許可の全般、法人(会社)設立の専門 行政書士 東洋法務総合事務所は大阪市城東区にある行政書士事務所です。 行政書士 東洋法務総合事務所のトップページに戻る
〒536-0006 大阪府大阪市城東区野江2丁目3番4号

TEL.06-6786-0008 FAX.06-6955-8923                                                                                                   お電話でのお問合せ受付時間 / 平日9:00~18:00                                 (土日祝は、原則として休業させていただいております)